40代のアンチエイジング 酵素ドリンクと肌若返りスキンケアで変わる素肌  >  アンチエイジング最新情報  >  ストレス 解消 アロマ

アロマでストレス解消

アロマテラピーが一般的になってきましたが、気をつけたいことがあります。

@.合成でないアロマオイルを使う
A.適量を使う
B.妊婦さんには使えないアロマオイルがある
C.火を使うアロマポットは火事に注意


ストレスにいい精油の種類

たくさんの精油がありますが、中でもストレスを軽減するのは以下の精油です。

●ラベンダー
高ぶった神経をしずめます。

●フランキンセンス
スパイシーな木の香りがイライラをしずめます

●カモミール
フルーティーな香りがリラックスさせます

●イランイラン
エキゾティックな香りが心を落ち着かせます

●グレープフルーツ
気持ちをリフレッシュさせます

●ベルガモット
柑橘系の香りがイライラを解消

●サンダルウッド
甘い木の香りがリラックスさせます

妊婦さんには使えないアロマオイル

以下のものは妊婦さんには使えないオイルなので
注意してくださいね。

ラベンダー
クラリセージ
サイプレス
シダーウッド
ジャスミン
ジュニパー
ゼラニウム
ペパーミント
マージョラム
ミルラ
メリッサ
ヤロウ
ローズ
ローズマリー

アロマテラピーと脳の関係

なぜアロマはストレスを解消するのでしょう。
香りをかぐということは脳の大脳辺縁系を刺激します。
大脳辺縁系はストレスの影響を強く受けるところです。
神経や免疫をつかさどる視床下部と密接な関係があります。

香りは脳にダイレクトに働きかけるため、日頃から香りに注意することが大切です。
スーパーの芳香剤売り場やドラックストアなどで、気分が悪くなる事がないですか?
それは、合成の香りが強すぎるからです。

合成の香りばかりをかぎ続けていると脳にダメージを与えるという説もあります。

芳香剤、食器洗剤、洗濯洗剤だけでなく
シャンプーやボディーソープなどもほとんどが合成の香料です。
身の回りの合成香料はなるべく少なくした方がいいですね。