40代のアンチエイジング 酵素ドリンクと肌若返りスキンケアで変わる素肌  > アンチエイジングQ&A

回答一覧

アンチエイジングとは何ですか?

アンチエイジングとは、つまり抗加齢。年をとらない、若返りと訳されることが多いですが、若返りは難しいとしても老化のスピードを遅くすることは可能です。美容整形で見た目を若くすることに抵抗がなくなってきました。
見た目が変わることにより気持ちも若返るため相乗効果が期待できます。
このサイトでは、若返りのさまざまな方法を紹介しています。

↑TOP


老化について

老化のしくみは完全には解明されていませんが、はじめからDNAに組み込まれているという遺伝子プログラム説や、ホルモンの変化が原因とする内分泌説、活性酸素の増加による説など諸説あります。
現代人は過剰なストレスや食生活の偏りなどによって、コルチゾールやインスリンなどの老化に関係するホルモンの分泌量が増えて、DHEA、成長ホルモン、女性ホルモンなどの若さを保つホルモンの分泌量が減っています。
女性ホルモンが激減する更年期など、女性は女性ホルモンの影響を大きく受けます。

↑TOP


プレ更年期について

プレ更年期とは女性ホルモンのピークを過ぎる30代後半からをいいます。
個人差がありますが、冷えや、疲労感などの不調を感じ始めるようになります。
美容面では、髪が細くなった、ツヤがなくなった、シミ・シワが出てきた、ハリがなくなってきたなどの悩みが出てきます。

↑TOP


更年期について

40代後半〜50代半ばに起こる女性ホルモンの減少によって、心身ともにアンバランスになります。
健康面では、のぼせやほてり、突然の発汗、めまい、耳鳴り、イライラなどが起こり、
美容面ではシミ、シワ、ハリがなくなる、くすみ、毛穴の開きなどの悩みも大きくなります。

↑TOP


活性酸素とは?

鉄がさびるように人間の体も酸素と常に接しているので酸化が起こっています。
活性酸素が酸化を起こしています。
病原菌を攻撃するのは白血球です。白血球の中の好中球やマクロファージは、体外から侵入してきた細胞や異物を細胞内に取り込んで、活性酸素で破壊します。外敵に対する防御や、免疫機能には活性酸素は必要なのです。
その反面からだを傷つけることもします。

↑TOP


活性酸素について

活性酸素は老化を早める原因の一つといわれています。
活性酸素を発生させる原因物質は以下のものがわかっています。
●農薬
●食品添加物
●たばこ
●紫外線
●電磁波
●ストレス
●化学薬品

多くの物質にさらされている現代人は活性酸素から逃れることは不可能です。
活性酸素からいかにして身体を守るかが老化を遅らせる鍵となります。

↑TOP