40代のアンチエイジング 酵素ドリンクと肌若返りスキンケアで変わる素肌  >  アンチエイジング最新情報  >  アンチエイジング 成長ホルモン

成長ホルモンとは

成長ホルモンとは、Human Growth Hormone ヒューマングロースホルモン
のことで、HGH(ヒト成長ホルモン)と呼ばれています。

10代から急激に身長が伸びたり、体型が変わるのは、
成長ホルモンによるものです。

10代をピークに20代からは急激に分泌量が減っていき、
40代では約半分、80代では20分の1にまで減ってしまいます。

身長を伸ばし、体型を変化させる以外に、
肌のハリを持続させる、丈夫な骨、筋肉をつくる、
コレステロール値を安定させる、新陳代謝を活性化する
などの働きもあります。


アンチエイジングに成長ホルモンは欠かせないもの

肌を若々しく見せるのは肌の保湿量です。
肌の保湿量は以下のように年齢とともに減っていきます。

赤ちゃん 89%
20歳 68%
30歳 45%
50歳 32%
60歳 18%

日中に肌が受けたダメージを、
睡眠中10時〜2時の間に成長ホルモンが再生を行います。

脳下垂体でつくられた成長ホルモンは、肝臓でIGF-1(サイトカイン)という物質を出します。
この成長ホルモンとIGF-1(サイトカイン)は血管を通って肌にたどり着きます。
肌を再生するのに欠かせない、EGF(上皮細胞再生因子)が出ることにより、
傷ついた肌細胞を修復し、新しい肌をつくるのです。

また、頭皮の毛母細胞の細胞分裂も活発にします。
筋肉や骨を丈夫にするため、全身の新陳代謝が上がります。

成長ホルモンをたくさん作ることができれば、
年齢に関係なく肌再生力や新陳代謝が上がり、
いつまでも若くいられるのです。


いま注目されているのはアミノ酸サプリメントです。
なぜアミノ酸なのかというと、

HGH成長ホルモンは、アミノ酸が191個繋がったペプチドホルモンだからです。

アンチエイジングの専門医が開発したHGHシールドというアミノ酸サプリメントがあり、
ポリフェノールやビタミン類も配合されていて、抗老化に欠かせないものとなっています。

成長ホルモンが減少することにより起こる症状

主な症状として以下のようなものがあります。

・肌のハリが失われ、たるみや毛穴が目立つようになる
・毛髪が細くなる、白髪が増える
・疲れやすくなる、回復が遅くなる
・筋肉が衰えて、たるんでくる
・運動能力が低下する
・集中力、記憶力が低下する
・新陳代謝が悪くなり、贅肉がつきやすくなる
・視力が落ちる
・関節が痛む
・免疫力の低下
・更年期障害